住まいを購入するなら三栄建築設計|安全を確保した暮らしを提案

家づくりのヒント

部屋

相談からカタチにする

個人がこだわりの戸建てを建てたい場合、ファーストステップは設計事務所への相談からです。こだわりが強い場合は、初めに京都の設計事務所で面談をする必要があります。漠然としたイメージから具体的な要望などもカタチづくります。スムーズに進めたい場合のポイントとして、雑誌や写真などの切り抜きを参考にするとよいでしょう。また、京都では敷地探しが済んでいるパターンも多く、敷地の資料を持参するのも事を運びやすくなります。設計から完成まで、一般的に設計契約後に調査や実施設計に半年程度が掛かります。直接の打合せ、電話やメールなどでのやりとりなど、絞り込むための繋がりもポイントです。プランを決めるにも、寸法や素材、住宅設備なども選択する必要があるため、時間の縛りを払拭できる昼夜問わないやりとりが大事です。共同作業であるのか、希望をカタチにするだけの設計士の専行とした提案になるのか、重要なポイントになります。設計の予算はどれくらい必要なのか、京都の設計事務所への問い合わせ内容で見聞きされています。優良となる事務所では、提示した建主側の予算をスタートラインとしてくれます。予算に合わせて、希望通りの設計をしてくれるので、満足のできる戸建てを建てることができます。京都の設計事務所の中では二世帯や平屋住宅など、予算価格に合わせた建築を行なうことができます。こだわりがあり、かつ予算内の戸建てを建築したい場合は、設計事務所に依頼すると安心です。